初心者にもオススメな無料OS「Ubuntu」!長期サポート版「Ubuntu 20.04 LTS」が登場!

この記事は約3分で読めます。

「Ubuntu」は、Linuxディストリビューションの1つであり、無料で使用することができるOSです。Linuxというと難しいと思うかもしれませんが、Ubuntuは初心者にも使いやすく人気のあるLinuxディストリビューションです。

 

スポンサーリンク

Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa)

先日、「Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa)」がリリースされました。

 

Ubuntuのバージョン番号は、リリース時の年と月から作られます。「Ubuntu 20.04」は、2020年4月にリリースされました。「LTS」は長期サポート版の意味で、通常サポート期間はリリースから5年となります。「Focal Fossa」はコードネームで

Ubuntuとは

Ubuntuは、世界中で2000万人を超えるユーザーが日常的に利用しているLinux系のオペレーティングシステム(OS)です。コニュニティにより開発され、ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバーに利用することができます。

Ubuntuは無償で提供され、ライセンス料を支払う必要はありません。自宅でも、学校でも、ビジネスでも完全に無料で利用することができます。

Windowsから乗り換える場合でも、メジャーなアプリケーションでは互換ソフトが存在し、データーはほぼそのまま移行することも可能です。

日本語化も Ubuntu Japanese Team により進められ、オリジナルのUbuntuに追加できない修正を加えた「日本語 Remix」がリリースされています。

通常版と長期サポート版(LTS)

「Ubuntu」は半年ごとに新バージョンがリリースされますが、バージョンは通常版と長期サポート版(LTS、Long Term Support)があります。

通常版のサポート期間は9ヶ月で、半年ごとにバージョンアップする必要があります。長期サポート版は2年間隔でリリースされ、サポート期間はリリースから5年です。

今回リリースされた「20.04」は長期サポート版で、予定通りであれば次の長期サポート版は2022年4月にリリースされます。

通常版は、新しい機能を使用できるメリットがあります。しかし、その機能は不安定な可能性もあり、大きな変更や削除される可能性もあります。

長期サポート版であれば、最新機能には制約がありますが、ある程度安定した運用をおこなうことが可能になります。

推奨システムは、2GHzデュアルコアプロセッサ以上、4GBシステムメモリ、25GBのハードドライブ空き容量、DVDドライブまたはUSBポート(インストールメディアとして使用)、インターネットアクセスです。

アプリケーション

Ubuntuを使う上で気になるのは、どんなアプリケーションがあるかです。他のOSから移行しても、使えるアプリケーションがなければ意味がありません。

Ununtuはアプリケーションも無料で利用できるものが多くあります。中には、Winsowsのデータをそのまま利用できるものもあります。

ウェブブラウザー「Firefox」や「Chorome」、メールクライアント「Thunderbird」、動画再生「VLC」や、音楽再生「Rhythmbox」、写真管理「Shotwell」、画像エディター「GIMP」、Microsoft Officeと互換性のあるオフィススイート「LibreOffice」など普段使用するには問題ないほどのアプリケーションが用意されています。

 

初心者にも優しいLinuxディストリビューション「Ubuntu」で、Windowsに縛られないPCライフを手に入れませんか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました