Thermaltakeからコストパフォーマンスを重視したミニタワーPCケースが2モデル登場!アクリルウィンドウ搭載モデルもあり!

Thermaltakeからコストパフォーマンスを重視したミニタワーPCケースが2モデル、「Versa H17(CA-1J1-00S1NN-00)」と「Versa H18(CA-1J4-00S1WN-00)」が、発売されました。実売価格4,000円を切るmicroATXケースです。

Versa H17

Versa H18

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

microATXに対応した安価なミニタワーケース!

「Versa H17」「Versa H18」は、ともにミニタワーサイズのmicroATXケースです。「Versa H17」はシンプルでオーソドックスなデザインを採用しているのに対し、「Versa H18」は、メッシュ状のフロントパネルとアクリルウィンドウ付きサイドパネルを搭載しています。

内部の仕様は共通で、対応マザーボードはmicroATX、Mini-ITXとなっています。ドライブベイは、3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2で、拡張スロットは4スロットに対応しています。5.25インチベイは付いていないので注意して下さい。

搭載可能なPCパーツのサイズは、拡張カードが最大350mm(フロントファン非搭載時)、CPUクーラーは高さ155mmまでです。冷却ファンは標準でリアに120mmファンを1基搭載しており、フロントに140mm×2または120mm×3、トップに140mmまたは120mm×1を増設することが可能です。水冷用ラジエーターはフロントに280mmまたは240mm、リアに120mmサイズを搭載することができます。

電源ユニットを下段にセパレートした熱源分離構造担っています。電源カバーを搭載し、ナース内のケーブル類をまとめられ、スッキリ見せることが可能です。ドライブ搭載スペースはすべてマザーボードベース部の裏側に配置しており、優れたメンテナス性を実現しています。

「Versa H17」は、各種I/Oは上部に配置され、USB 3.0×1、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1の各ポートが用意されています。「Versa H17」は、フロントに各種I/Oが配置され、USB 3.0×1、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1の各ポートが用意されています。

本体サイズは約幅205×奥行き380×高さ390mmで、本体重量は約4.5kgです。電源は別売りで、ATX規格で奥行き220mmまでのものが搭載可能です。

コンパクトながら高い拡張性と冷却性能を実現できるミニタワーPCケース「Versa H17」、アクリルウィンドウ搭載の「Versa H18」で、コストパフォーマンスに優れた自作PCを組みませんか。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

シェアする

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)