最新版ラズベリーパイ「Raspberry Pi 3 Model B+」が正式に国内出荷開始!CPUの動作クロックの向上や通信機能が強化!

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、イギリスのラズベリーパイ財団が開発した超小型のシングルボードコンピュータです。日本では略して「ラズパイ」と呼ばれ、アイデア次第でさまざまなことに活用することができます。

今回、最新版ラズベリーパイ「Raspberry Pi 3 Model B+」が正式に国内出荷が開始されました。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

自作や市販拡張ボードでさまざまな用途に使用可能!

ラズベリーパイは、もともと学校でのコンピューター教育を目的に開発されたシングルボードコンピュータで価格も数千円に抑えられています。

ラズベリーパイは、教育を目的に開発されているので、モノ作りの学習や、実用品の制作、趣味の工作など、幅広い用途で応用することができる汎用性を備えています。

インターネット上で無償配布されているソフトウェアパッケージなどを組み込めば、オーディオプレーヤーやビデオプレーヤー、NASやWebサーバー、防犯カメラ、各種ロボットなどさまざまなプロダクトを作成することができます。

最新版ラズベリーパイ「Raspberry Pi 3 Model B+」は、2018年3月14日付でRaspberry Pi財団のリリース発表後、イギリスやヨーロッパではすぐに販売開始されたのですが、日本向けには、無線機能などの日本の技術適合の取得がなかったため。日本国内向けの出荷ができなかった製品です。

今回、日本の技術適合取得が完了した日本出荷可能なelement14版のRaspberry Pi 3 Model B+が入荷し、5月1日付で国内販売及び国内出荷が開始されました。

「Raspberry Pi 3 Model B+」では、CPUが「Raspberry Pi3」のBCM2837からBCM2837B0にアップグレードされ、CPU動作クロックも1.2GHzから1.4GHzに向上しています。

無線LAN/BluetoothチップもBCM43455からCypress CYW43455に置き換えられ、デュアルバンド802.11ac(5GHz帯)を利用できるようになりました。

有線LANについても、チップが最大100MbpsのLAN9514から最大1GHzのLAN7515に置き換わり、BCM2837B0内部のインターフェイス仕様によりスループットは最大300Mbpsにスピードアップしています。

Power over Ethernet(PoE)に対応し、PoE HATとの組み合わせで、PoEサポートする有線LANケーブルでラズパイ3+に電源供給が可能となります。。

コンセントの無い場所に設置する防犯カメラなどで、ラズパイ3+の可能性を広げることができます。

PXEネットワークブートとUSBマスストレージブートを標準装備し、USBで接続したストレージからシステムを起動できる「USBブート」がデフォルトで可能になりました。

熱管理機能の強化により、CPUの温度が70以上になると動作クロックを1.2GHzにダウン制御され、熱暴走対策に役立てることができます。

さまざまな用途に活用することができるラズパイの新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」を使って、あなたらしいアイデアで新しいデジタルの世界を生み出してみませんか。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)