外付けBDドライブのすすめ!BD-Rへの高速・高精度16倍速記録に対応した外付けBDライター「BDR-X12J-UHD」!

最近はパソコンの小型化によって、ドライブを搭載していないPCも増えています。また、ドライブを搭載していても、BDに対応しているものはそんなに多くありません。

ドライブのないパソコンでも、外付けのBD対応ドライブを導入することで、BD環境を手に入れることができます。

 

スポンサーリンク

光ディスクはBDメディアへ!

BD(Blu-ray Disc)は、DVDの後継となる光ディスクです。記憶容量は1層で25GB、2層式ディスクの場合は50GBと、DVDと同サイズで5倍以上のデータを記録することができます。

1層のディスクでも、日本の地上デジタル放送なら3時間強、日本のBSデジタル放送で2時間強のハイビジョン映像を収録することができます。

テレビ用レコーダーも、DVDレコーダーからBDレコーダーへと完全に移行しています。

 

一方、パソコンの世界では小型化の影響もあり、ドライブ自体が付いていないモデルや、付いていてもDVDドライブのモデルも多くあります。

 

BD-R16倍速記録に対応したパイオニア「BDR-X12J-UHD」!

「BDR-X12J-UHD」は、高い信頼性と安定性を追求したパイオニアのWindows/Mac用外付けBD/DVD/CDライターです。

BD-Rディスクの最大16倍速記録やAndroid端末へのCDの直接取り込み・再生に対応し、4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生など高性能なドライブです。

 

 

BD(1層25GB、2層50GB)に加え、BDXL規格に対応したすべてのディスク(BD-R XL、BD-R XL、BD-RE XL)への記録と再生が可能です。さらに、BD-Rで16倍速、BD-R DLで14倍速、BD-R TL(3層)で 8倍速、BD-R QL(4層)で 6倍速と高速で記録することができます。

16倍速の高速書き込みモードと通常使用モードを切り替えすることが可能です。ディスクコピーなど、静音よりも高速書き込みを重視する場合には、すべての設定を高速での確実な書き込みに最適化できる高速書き込みモードを選択できます。

 

フルハイビジョンよりも高精細な4K解像度(3840×2160画素)で、色調もより豊かな“Ultra HD Bluray”規格に対応しています。パソコンでより臨場感のある映像を楽しむことも可能です。ただし、MacOSでは4Kコンテンツ “Ultra HD Blu-ray”再生に対応していません。

なお、”Ultra HD Blu-ray”の再生には、HDMI2.0a、HDCP2.2、HDR(推奨)規格 に対応したデバイスが別途必要となります。

 

オーディオCDの読み取り精度を高める機能「PureRead(原音再生) 4+」、「RealTime PureRead」が搭載されています。

「PureRead 4+」は、ディスク表面の傷や汚れでオーディオCDのデータが読み取れないときに、独自のアルゴリズムで再度読み取りを行う機能です。

「RealTime PureRead」は、ディスク表面の汚れや傷によるエラーデータ保管の発生頻度をリアルタイムで抑え、CD本来の音質で再生する機能です。

 

Android端末とUSBケーブルで接続し、Androidアプリ「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」(無料)を使用することで、PCレスでAndroid端末へ直接音楽CDの取り込みができます。楽曲情報やジャケット画像は、インターネット経由で信頼度の高い「Gracenote MusicID」より自動取得することが可能です。

 

米国Millenniata社が開発したアーカイブ用の光学メディア「M-DISC(DVD、BD:1層25GB/2層50GB/3層100GB)」の記録・再生にも対応しています。

「M-DISC」は、耐久性を高めたブルーレイディスクやDVDのことで、光・熱・湿度などによる経年劣化に強く、数百年にわたってデータを保存することができるといわれています。

 

接続したPCやスマートフォンの電源に連動してドライブ本体の電源をON/OFFするので、無駄な電力消費を抑えることができます。さらにメディアの使用状況をドライブが学習し無駄な電力を抑えるインテリジェントエコ機能も搭載し、徹底的な省電力設計で環境に配慮されています。

 

パソコンとのインターフェースは、USB3.1 Gen1/3.0/2.0となります。

電源は付属のACアダプターで供給します。USBバスパワーでは動作しないので注意してください。

 

シンプルでマットなボディと高品位なピアノブラックをフロント部に採用しています。側面部に施されたスリット形状は、高いデザイン性とともに、剛性の向上にも寄与しています。

横置き用インシュレーター(4個)と縦置き用インシュレーター(8個)が同梱され、横置きや両側面での縦置き設置が可能です。

本体サイズは約幅160 mm×奥行き220 mm×高さ50mmで、本体重量は1.1kgです。

 

BD-R16倍速記録に対応し、“Ultra HD Blu-ray”の再生や、Android端末へのCDの直接取り込み・再生も可能なパイオニアのBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」で、快適にBlu-ray DISCを楽しみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました