Seasonic製のセミモジュラーATXパソコン電源の「FOCUS」シリーズ発売!80PLUS Gold認証を取得し、自作初心者でも取り扱いやすい仕様!

80PLUS Gold認証を取得したSeasonic製のセミモジュラーATXパソコン電源の「FOCUS」シリーズが、発売されました。奥行を140mmに抑えたATX電源で、内部スペースが限られる小型ミドルタワーやミニタワーPCケースに最適な電源です。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

自作を初めて行うユーザーにも取り扱いやすい仕様!

Seasonic製の「FOCUS」シリーズは、奥行き140mmに抑えたATX電源で、使いやすさを追求したモデルとなっています。

電源の省エネ性能や安定性の指標となっている「80PLUS プログラム」において、80PLUS GOLD認証(20%負荷時の電力変換効率87%以上、50%負荷時の電力変換効率90%以上、100%負荷時の電力変換効率87%以上)を取得し、高い電力変換効率により低発熱・静音性・信頼性・省エネ性を実現しています。

通常のATXサイズ電源と比較して、奥行きが約40mmほど短くなっていて、内部スペースが限られる小型のミドルタワーや、ミニタワーケースに扱いやすい設計となっています。もちろん、奥行き以外は通常サイズのATX電源と同じ規格で、フルタワーのPCケースにも対応することができます。

基本ケーブルを固定して搭載パーツの必要に応じて追加着脱できるセミモジュラー式を採用しているので、取り扱いが簡単になり、最適な配線作りをおこなうことが可能です。また、すべてのモジュラーケーブルには取り回しが容易なフラットケーブルを採用しています。

独自のS2FC回路を搭載し、ファンの回転数をバランスよく制御することで、静音かつ温度上昇の低減を実現しました。S2FCの正常動作で発生するノイズは生活環境で通常発生するノイズよりわずかに高いだけで、一定の負荷を越えたあたりからゆっくりとカーブを描きノイズレベルが上昇していく仕組みとなっています。

高性能流体軸受け(FDB)の120mmファンは、ファンの軸内部にオイルなどの液体を注入することで回転する際の振動を極力避け、衝撃吸収効果を利用した設計がされています。ボールベアリングファンよりも動作音と熱が少なく、軸受面の潤滑が、摩擦や振動を大幅に低減します。また、ファンの消費電力を低下させることができるので省エネにも貢献します。

高品質の日本メーカー製105℃電解コンデンサを一次側と二次側の両方に搭載しており、85℃品に比べて約4倍の期待寿命を有します。固体コンデンサは、急激な負荷変動に対して、エネルギーをすぐに放出できるため、電圧が変動しにくい特長があり、品質の高い電解・固体コンデンサを採用することにより、製品寿命と信頼性を向上させています。

出力のラインナップは、450W、550W、650W、750Wの4種類用意され、システム構成に応じて選択することができます。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

シェアする

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)