インテル デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサのライン拡充と、低価格な対応チップセットが登場!Pentium Gold、Celeronも!

IntelのCoffee Lake世代のデスクトップPC向けCPUの新モデルが登場しました。TDP35Wの「T」付きや、実売1万円以下のPentium Gold、Celeronなど多数が追加されています。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

低価格帯のCeleron、Pentium Goldも追加!

今回登場したのは、LGA1151ソケットを採用したCoffee Lake世代のデスクトップ向けCPUです。。同世代のCPUは、これまでハイエンドやミドルクラスを中心としたラインナップでしたが、今回はTDP35Wの「T」付きや、実売1万円以下のPentium Gold、Celeronなど、低消費電力モデルやローエンドモデルが追加されています。

標準電圧版として、6コア/6スレッドのCore i5-8600とCore i5-8500、4コア/4スレッドのCore i3-8300が追加されています。TDPはCore i5が65W、Core i3が62W。ベースクロックおよびTurbo Boostクロックは、順に3.1GHz/4.3GHz、3GHz/4.1GHz、3.7GHz/非対応となっています。

TDP 35Wの低電圧版には、6コア/12スレッドのCore i7-8700Tをはじめとした6モデルが登場します。ほかにCore i5シリーズとして、Core i5-8600T、Core i5-8500T、Core i5-8400Tの3モデル、Core i3シリーズとして、Core i3-8300T、Core i3-8100Tの2モデルが発売されます。

Pentium Goldシリーズは、G5600、G5500、G5400、G5500T、G5400Tの計5モデルが発売されます。基本仕様は、2コア/4スレッド、内蔵GPU Intel UHD Graphics、Smart Cache Technology、デュアルチャネルDDR4メモリ対応などです。

CeleronシリーズはG4920、G4900、G4900Tの計3モデルが発売されます。基本仕様は、2コア/2スレッド、内蔵GPU Intel UHD Graphics、Smart Cache Technology、デュアルチャネルDDR4メモリ対応などとなっています。

さらに、これらの低価格を支えるプラットフォームとして、Intel H370、Intel H310、Intel Q370、Intel B360チップセットが投入され、各チップセットを搭載したマザーボードも各社から発売されています。

インテル Coffee Lake世代 CPU

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

シェアする

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)