NVIDIA Quadro P4000とAMD Ryzen 7 2700Xを搭載したクリエイター向けミドルタワーパソコン発売!iiyama PC「SENSE∞」から!

信頼のJAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センス・インフィニティ)」から、AMD Ryzen 7 2700X プロセッサーと NVIDIA Quadro P4000 を搭載し、ツインドライブを採用したクリエイター向けミドルタワーパソコンが発売されました。映像編集・画像加工・建築設計など、プロフェッショナルたちが信頼を寄せるグラフィックボードを搭載したモデルです。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

高解像度、マルチモニタ環境でも余裕のある描画が可能!

「iiyama PC」は、パソコンショップのパソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコムが展開するプレイベートブランドのパソコンです。「SEMSE∞(センス・インフィニティ)」シリーズは、イラストや画像、動画・音楽編集などに最適なクリエイター向けパソコンです。

用途に応じてスペックを選択することができるBTO(Build to Order)に対応し、国内生産・JAPAN QUALITY」にこだわり、高い品質を保った「信頼」「安心」のPCを生産しています。

今回発売された「SENSE-R0X4-R72X-QVVI [Windows 10 Home]」は、CPUに第2世代AMD製デスクトップ向けプロセッサーブランド「Ryzen 7 2700X」を採用し、ゲラフィックボードにNVIDIA Quadro P4000を搭載したクリエイター向けミドルタワータイプのパソコンです。

第2世代AMD製デスクトップ向けプロセッサーブランド「Ryzen 7 2700X」は、従来の「Zen」アーキテクチャから改良された「Zen+」アーキテクチャを採用しており、8コア/16スレッドで定格3.7GHz、Boost時には最大4.3GHzで動作します。動画編集やマルチタスクなどの作業で性能を発揮することができ、圧倒的なマルチスレッド性能をハイコストパフォーマンスで実現することができます。

Pascalアーキテクチャを採用した「Quadro P4000」は、1792基のCUDAコアと8GBの高速大容量GDDR5メモリによって、より忠実度の高い複雑な視覚効果、より自然な美しいシミュレーション、解析をおこなうことが可能です。大容量グラフィックスメモリにより、高解像度、マルチモニタ環境でも余裕のある描画をおこなうことができます。。シェーダーモデル5.1に準拠し、OpenGL4.5、DirectX12をサポートすることで、インタラクティブ性を犠牲にすることなく、CAD、デジタルコンテンツ制作、及びビジュアライゼーションアプリケーションなど、より複雑なコンテンツを強力にサポートすることができる最新のグラフィックスボードです。

メインドライブには省スペース性かつ高速性を誇るNVMe M.2 SSDを搭載し、OSやアプリケーションの起動が高速になり、非常に軽快な動作で使用することができます。データドライブには3TBもの大容量HDDを搭載。高速動作と大容量データ保存領域によるダブルの快適性をパッケージングしています。

ケースには、虚飾を廃した飽きのこないシンプルなデザインのミドルタワーケースを採用しています。デザインだけでなく通気性に優れた前面メッシュ状のドライブベイカバーのケースを採用し、 頻繁に使用するUSB3.0のポートは正面中央のアクセスしやすい部分に配置されています。サイドパネルには大型の開口部 (ベンチレーション窓) を設け、内部の熱が滞留しないように工夫されています。

もちろん各種カスタマイズが可能な「BTO(Build to Order=受注後生産方式)」に対応しているので、標準構成からカスタマイズしての注文も可能です。

SENSE-R0X4-R72X-QVVI [Windows 10 Home]

販売価格:299,980円~(税別)

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー AMD(R) Ryzen(TM) 7 2700X
チップセット AMD(R) X470 [ASUS X470-PRO]
メモリ DDR4-2400 DIMM 16GB×2(計32GB)
M.2 SSD 500GB M.2 SSD / NVMe対応
HDD 3TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ 非搭載
グラフィックス NVIDIA(R) Quadro(R) P4000 8GB GDDR5
電源 500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源
スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)