CG・映像専門メディア「CGWORLD」「ELSA」とタッグ! 3Dペイントツール向けパソコンがiiyama PC「SENSE∞」から発売!

信頼のJAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センス・インフィニティ)」から、3Dペイントツール向けクリエイターパソコンが発売されました。CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ELSA」、そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成したコラボモデルです。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

森田悠揮氏監修 3Dペイントツール向けパソコン!

「iiyama PC」は、パソコンショップのパソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコムが展開するプレイベートブランドのパソコンです。「SEMSE∞(センス・インフィニティ)」シリーズは、イラストや画像、動画・音楽編集などに最適なクリエイター向けパソコンです。

用途に応じてスペックを選択することができるBTO(Build to Order)に対応し、国内生産・JAPAN QUALITY」にこだわり、高い品質を保った「信頼」「安心」のPCを生産しています。

今回発売された「SEMSE∞」3Dペイントツール向けモデルは、クリーチャーデザイナーとして活躍される森田悠揮氏が監修し、モデリングした3Dデータへリアルタイムにペイントを行なう「Substance Painter」や「MARI」の3Dペイントツールが快適に動作するようにスペックが調整されています。

Direct Xで動作する「Substance Painter」向けに最適化した「GeForce GTX 1080」を搭載するスタンダートモデルと、OpenGLで動作する「MARI」向けに最適化した「Quadro P4000」搭載のアドバンスモデル、そしてさらに、 森田氏のワークスタイルを基に、作業する場所を選ばない持ち運びを重視した「Quadro P4000」を搭載した15.6型ノートパソコンモデルがラインナップされています。

これからモデリング&3Dペイントを学ぶ学生から、プロフェッショナル向けまでさまざまなモデルが用意されています。

もちろん、スタンダードモデルでも「MARI」が、アドバンスモデル/ノートモデルでも「Substance Painter」が快適に動作しますので、使用環境や予算に応じて選ぶことができます。

いずれのモデルも3Dペイントツールによる高負荷を想定し、CPUにはインテル Core i7とメインメモリに32GBを標準搭載しています。

もちろん各種カスタマイズが可能な「BTO(Build to Order=受注後生産方式)」に対応しているので、標準構成からカスタマイズすることも可能です。

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。徹底的なパフォーマンス検証をおこなった上で、必要十分なスペックを組み上げた「SEMSE∞」3Dペイントツール向けモデルで、快適なクリエイティブ作業で、素敵な作品を披露しませんか。

3Dペイントツール向けパソコン

icon icon
Substance Painter/Mari対応3Dペイント向けパソコン icon

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)