ASRock 「AMD X399」チップセットを搭載し「Ryzen Threadripper」対応のmicroATXマザー「X399M Taichi」発売!

台湾ASRock製の「AMD X399」チップセットを搭載したmicroATXマザーボード「X399M Taichi」が、2018年3月9日(金)に発売されます。「AMD X399」チップセットを搭載した「Ryzen Threadripper(ライゼン・スレッドリッパー)」対応のmicroATXマザーボードです。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

Ryzen Threadripper対応のmicroATXマザーボード!

「X399M Taichi」は、台湾ASRock製のAMD X399チップセット搭載のmicroATXマザーボードです。

チップセットに「AMD X399」を搭載し、CPUソケットは「Socket TR4」に対応しており、「Ryzen Threadripper」シリーズCPUを搭載することができます。

「Ryzen Threadripper」シリーズCPUは、最大16コア32スレッドの驚異的パフォーマンスを発揮するAMDの新しいハイエンドデスクトップ向けプロセッサーです。VRコンテンツ制作をはじめレンダリング、ストリーミング、コンパイル、エンコーディングなどすべての処理を同時に高速処理を実現するいわゆるコンテンツクリエーター向けのプロセッサーです。また、コンテンツクリエーション以外にも高い性能を必要とするVR(バーチャルリアリティー)や4K高解像度ゲームプレイと動画配信等にも優れたパフォーマンスを発揮することができます。

「AMD X399」は、「TR4 Socket」を使用する「Ryzen Threadripper」に対応するチップセットです。

「X399M Taichi」は、省スペースのmicroATXモデルながらPCI Express x16スロット×3およびU.2コネクター、Ultra M.2×3(うち1基は11ac対応Wi-Fiモジュールが占有済み)を標準で備えています。

メモリスロットはDDR4スロット4本を装備し最大64GBまで対応しています。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応しています。

リアパネルのインターフェイスは、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Gen1×8、ギガビットLAN×2、光デジタル×1、PS/2 マウス/キーボード×1、アンテナ×1、HD オーディオジャック(リアスピーカ / ミドルスピーカ / 低音スピーカ / サウンド入力 / フロントスピーカ / マイクロフォン )を備えています。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)