RAIDストレージ機能も備えたThunderbolt 3接続ドッキングステーション「AKiTiO Thunder3 RAID Station」発売!

米AKiTiO製のThunderbolt 3外付けドッキングステーション「AKiTiO Thunder3 RAID Station」が、アミュレットから発売されます。Thunderbolt 3接続に対応した外付け型拡張ユニットで、RAIDストレージ機能も装備しています。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)

RAIDストレージ機能付きドッキングステーション!

「AKiTiO Thunder3 RAID Station」は、40Gbps(理論値最大)までの高速データ転送が可能なThunderbolt 3ポート経由でパソコンに様々な機能を追加することができるドッキングステーションです。ポート数の少ないノートパソコンなどでも、Thunderbolt 3ケーブル1本で接続するだけで、さまざまなインターフェースの拡張機能を利用することができます。

USB 3.1×2、SDメモリーカードスロット×1、DisplayPort 1.2×1、ギガビット有線LAN×1の各ポートが拡張され、USBメモリを利用しながら、外部ディスプレイを使用し、有線LANでの高速通信をおこなうことができます。

インターフェースの拡張に加えて、ハードディスク/SSDを2台まで搭載可能なRAIDストレージ機能を搭載し、ミラーリング(RAID 1)およびストライピング(RAID 0)のRAID機能を利用することができます。

SSD搭載時には、ハードウェアRAIDとの組み合わせで、Windows環境では最大800MB/s、macOS環境では最大700MB/sを超える高速読み書き性能を実現することが可能です。

Thunderbolt 3ポートは2ポート装備し、デイジーチェーンで他のThunderbolt 3機器とも接続することができます。デイジーチェーン用のThunderbolt 3ポートはUSBポート(Type C)としても利用できるので、USBマウスやキーボード、USBメモリなど、様々な機器を接続することも可能です。また、USB PD(Power Delivery)による、USB機器への電力供給(最大27W)にも対応しています。

対応OSは、Windows 7 (64-bit)、 Windows 10 (64-bit)、macOS 10.12.4 以上で、Thunderbolt 3ポート付きのパソコンが必要です。macOSでは、RAIDストレージ機能が起動ディスクにも対応していますので、搭載したハードディスク/SSDにOSをインストールして高速なシステム環境を構築することも可能です。

本体サイズは約幅85×奥行き238×高さ147mmで、本体重量は約1.6kgです。

ポート数の少ないノートパソコンなどでも、Thunderbolt 3ケーブル1本で接続するだけでさまざまな拡張機能を利用することができる「AKiTiO Thunder3 RAID Station」で、快適なパソコンライフを手に入れてみませんか。

スポンサーリンク
viedepcレクタングル(大)